ホーム » 未設定

未設定」カテゴリーアーカイブ

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わ

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。